おいしさブログ

おいしいお菓子について、こだわりの素材についてのお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新年明けましておめでとうございます。

 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 今回は、新年を迎えて何を書こうかと考えましたが、やはり、おいしいお話がよろしいかと思い、皆様へ今年の春に発売を予定している新商品情報をプレゼントしてしまいましょう。

 前回は、年末ということもあり、フランスの名パティシエ・パスカルさんのクリスマスケーキのお話をさせて頂きました。実は、そのパスカルさんが、なんと、千葉のお菓子を開発してくれました。

 千葉県産の落花生と、柚子(こちらは千葉県産ではなく国産です)を使い、ギフトに使えるタイプのタルトを提案してくれました。面白い組み合わせですね。なかなかの美味しさですよ!想像がつきにくいかもしれませんね…、是非、発売を楽しみにしていて下さい。

 柚子はフランスでも注目されている食材のようです。勿論、柚子は消費・生産とも日本が最大であり、日本の伝統ある誇るべき食材です。確かに、柑橘類の中でも独特な素晴らしい香りと味わいを持っていますね。

 そういえば、ちょうど一年前にリヨンで洋菓子の世界大会があり、パスカルさんからのお呼びがかかったので、観戦に行ってきました。パスカルさんはこの大会の運営委員長をしています。その際に優勝したイタリアチームも、柚子を使用していましたよ。柚子は今では世界のフルーツなんですね。日本人として誇らしく感じてしまうのは私だけでしょうか。

 ちなみに日本チームは惜しくも2位でした。また、この大会は1989年から始まり、2年に一度行われ、優勝したチームは、次の大会で他国のチャンスを作るため、あえて棄権するというルールがあるようです。そのようなわけで、フランスはその前の大会で優勝したので棄権していました。
 日本は過去2回ほど優勝しています。日本の洋菓子の技術は世界でもかなり高いレベルと言えるのでは
ないでしょうか。

 また、お話がいろいろになってしまいました。今回はこの辺で終わりにしましょう。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。