FC2ブログ

おいしさブログ

おいしいお菓子について、こだわりの素材についてのお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

楽花生パイのお話⑩

今回は私達のパイに使用されているバターの2つの優れた特徴についてお話をするということで、前回は終わっています。
ごめんなさい。その2つの特徴については既に前々回お話していましたね。
今回はなぜそのような特徴を備えることができたのかということをお話して行きたいと思います。

少しだけ復習ですが、1つめの特徴は伸び(延転性)が良いということでしたね。
確かにパンにバターを塗ったときにググッと伸びてくれると嬉しいですよね。食感もネチッと粘った感じでいかにもおいしそうに感じませんか。

そしてもうひとつの特徴は、溶け出し温度(メルティングポイント)が高いということでしたね。
一般のバターに比べて2℃ほど高いそうです。この2℃の違いというのはバターとしてはかなりの特徴だそうです。このことは、口の中でバターの風味を感じている時間が長くなるということにつながります。
ですから楽花生パイを召し上がった際に、中の落花生餡やパイ生地の口どけが非常にまろやかに感じていただけるはずです。
それはいつまでもバターの風味が口の中に残ってくれているからなんですね。
すごいですね、このバター。私は本当にこのバターに惚れ込んでしまいました。

さて、それではどうしてこのようなバターができるのでしょうか。
その担当の方からの説明によりますと、牛さんに与える餌をたいへん研究しているそうです。もちろんあくまでも自然由来の餌です。
その情報やアドバイスは契約している各生産農家に伝えられます。農家はそれに従い、結果としてこのバターに適した乳質の牛乳を生産し、この工場からはこれらの農家にタンクローリーで収集に回っているそうです。

私が驚いたのは、この会社は各生産農家の全ての牛の健康状態をコンピューターで管理し、一頭ごとに血統や病歴、そして乳質の変化等の状況を把握し、的確な餌のアドバイスや健康管理のアドバイスをしているそうです。
まさに農家と一心同体となり、お互いに協力し合って優れた品質の製品を生み出しているのです。
すごいですねー。そこまでやるのかと驚きました。

後日この会社と契約している農家を紹介していただき、お邪魔する機会を得ました。その農家はオランダの酪農家として、たいへん高い誇りをお持ちの方達でした。酪農歴400年という伝統ある農家だそうです。彼らが言うには、オランダの酪農はたいへん古くから盛んで、周りの国(フランス等)にノウハウをいろいろ教えてあげたということです。
現在でも代表的な乳牛として知られているホルシュタイン種はオランダが原産だということです。

そういえば江戸時代、日本に初めて酪農を伝えてくれたのもオランダ人でしたね。それもなんと千葉県の峰岡牧場というところで伝えられたということです。峰岡牧場は今でもそのころの歴史等を資料館として公開しています。皆さんも是非訪ねてみてはいかがでしょうか。千葉とオランダとオランダ家、ご縁がありますね。

さて、次回はこのバターを使ってどのようなパイ生地にしたかを報告します。


オランダ家味の門番より



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。