おいしさブログ

おいしいお菓子について、こだわりの素材についてのお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

楽花生パイのお話⑥

いつもいつも遅くなってしまい申し訳ありません。
このところブログ担当の女性(あゆ葉さん)もお忙しいせいか、あきれているせいか、とても静かにされています。そのうち爆発でもされてはいけませんので、本日も一生懸命書かせていただきます。
 
さて、今回は、オランダ大使館からJETROさんに「パイ生地を扱ってくれる会社を紹介してほしい」というメッセージが届いたところからのお話ですね。フランスの会社とのやり取りで、かなり時間を要してしまい、あせっていたところでした。

とは言うものの、ちょっと脱線ですが、フランスの会社とのやり取りも、実はなかなか楽しいものでした。
相手方の担当者が女性の方でジョークも上手で、メールの交換がまるで文通をしているようでした。どんな方なのか想像してみたりして、お互いに楽しいメール交換でした。
話が進めば、いずれお会いできたかもと思うとちょっと残念です。
 
オランダの話に戻りましょう。
JETROの担当の方が大使館からの依頼を伝えてくれました。オランダは酪農の国であるし、きっとバターもおいしいのではないか。また当社の社名がオランダ家だということからも、何か縁があるのかもしれないと思い、是非取りついでもらうことにしました。
 
すると翌日にはオランダの会社からメールが入り、丁寧な挨拶とこちらの要望内容を教えてほしいとのメッセージがありました。
こちらもすぐに製品内容(発酵バター使用の条件や配合内容)や年間予測使用量等を伝えると、早速、製品については問題なく製造できるということと、見積金額の提示もありました。そして是非取引をしたいとの返事をもらいました。
非常に早いレスポンスと、見積り金額にとても誠意と熱意を感じました。

そこでいよいよ詳細の話を進めようとしたところ、「是非オランダに来てほしい。試作室もあるので、そこで、希望に沿う小麦粉や発酵バターをそれぞれ数種類ずつ用意しておくので、一緒に開発しましょう。工場も是非見てほしい。」という申し出がありました。
相当の気合ですね。こちらも気合が入っていたのでお互いに一気に盛り上がった感があります。
 
いよいよ夢が実現できるかもしれないという期待を胸に社長(当時私は社長ではありませんでした)や幹部に相談したところ、全員が賛成してくれて早速訪問することになりました。
 
今回はここまでとします。その後のことは、また次回お話します。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。