オランダ家社長ブログ

楽花生パイのお話②

前回から始めた楽花生パイのお話の続きになりますが、今回から、発売18年後(2003年)に行ったフルリニューアルのお話を始めようと思っています。

その当時、当社のお菓子はお客様がご自身やご家族の方と召し上がるだけではなく、人様に差し上げる商品としても、たくさんご利用いただいておりました。
おかげさまで現在もそのようにご利用いただいております。誠にありがとうございます。

したがって、私達はご愛顧いただいているお客様が、どなたにでも胸を張ってお渡しできる本物のおいしいお菓子作りをしなければいけないと、使命感に燃えて真剣に取り組んでいます(もちろん100点満点ではございませんが)。

中でも、楽花生パイは当社の中では最も多くご利用されていることもあり、もしかしたらお客様が「千葉を代表する味」としてご利用してくださっているのではないかと、勝手に想像してしまうことがあります(自己意識過剰かもしれませんね)。
そう思うと「どんなことがあっても、このお菓子で、お客様には絶対に恥を欠かせないぞ」という意地のような気持ちに燃えてしまうのです。
そんな気持ちに燃えていたこともあり、このリニューアルはとてもやりがいのあるものでした。

前置きが長くなってしまいましたが、そろそろ中身のお話に入って行こうかと思います。

さて、楽花生パイは、大きく分けると、パイ生地と落花生餡の2つの部分からできています。したがって、この2つの素材を、それぞれ当時考えられる最高のおいしさにしてみたかったのです。
まずはパイ生地から行きましょう。
実は当時私は夢を持っていました。「いつか楽花生パイの生地にヨーロッパのバターを使いたい」という夢でした。
パイ生地は、バター、小麦粉、水、そして塩少々からできています。したがって、バターの味がなんと言っても勝負です。

ちょっと脱線しますが、私は若かりしころ、フランスで食べたフランスパンとバターがあまりにもおいしかったので、ずっと忘れることができませんでした。
パンは小麦粉の風味がプーンとして、内側が真っ白でなく少し茶色でやや酸味があり、噛めば噛むほど味わいがある。
「あ~、パンてこんなにおいしいものなんだ」とパンに対する認識が一変してしまいました。
またそのパンに塗って食べたバターは、色が白く、さわやかで、ヨーグルトのようにやや酸味があり、ミルク風味もしっかりとあり、くどくなく、いくら食べても脂っこく感じないのです。
そしてパンとの相性が抜群だったので、もうすっかりとりこになってしまいました。
はっきり言って「日本で食べていたものとは別物」と思ってしまいました。
「フランス人は毎日の食事のベースになるパンとバターを、何気なくこんないおいしいものを毎日食べられるなんてうらやましいなー」と思ってしまいました。

でも考えてみれば、われわれ日本人も何気なく毎日食べているご飯(お米)は、きっと世界で一番おいしいでしょうね。皆さんも海外に行くと感じませんか。

すみません。今回は脱線もあり、長くなりすぎてしまいました。この続きは次回お話します。
楽花生パイ編は少し長くなるかもしれません。


スポンサーサイト

PageTop