オランダ家社長ブログ

楽花生パイのお話①

今回からそろそろ当社のお菓子について、お話して行こうかなと思っています。
開発のエピソードや社内だけにしか公開して来なかった思い出深いお話などもご披露して行きます。

さて、最初のお話は、現在お客様から最も多くお買い上げいただいている“楽花生パイ”にしましょう。
この商品は1985年4月29日にデビューしました。もう32年もご愛顧いただいているのですね。ありがたいことです。
このお菓子が生まれたきっかけは、お客様からのお声でした。
「何か千葉らしいお菓子はないの?」というお声をたくさんいただいたのです。
当時は洋菓子屋としてケーキを中心にチューリップサブレなどの焼き菓子も販売していたのですが、千葉にちなんだお菓子はひとつもありませんでした。

千葉といえば落花生ということで、落花生を使用したものをつくろうということで、このお菓子が生まれました。
落花生を蜜づけにして餡と合わせるというアイデアは当時社長をしていた父の発案でしたが、私には想像もできませんでした。
落花生は炒って香ばしくいただくものとばかり思っていたものですから、とても新鮮に感じたのを覚えています。
こういう食べ方もおいしいものだとつくづく思いました。
またパイはマーガリンでなくバターを折り込んで作るということについては、誰もが当然と考えていたので、いっさい異論は出ませんでした。

発売前には籠に入れてみんなで、店の回りに試食として配って歩きました。
この時期はお菓子を配って歩いても変に思われることもなく、とても喜んでいただけました。良い時代ですね。
おかげさまで前評判もよく、デビューと同時にいきなり当社の一番商品になりました。
それ以来当社のトップ商品として、いまだに不動の地位にいます。

そしてその味は一切変えることなく好評のまま18年間続いていたのですが、2003年7月1日ついにフルリニューアルされました。
一番商品をさらにレベルアップするということで、たいへんなプレッシャーがかかるリニューアルでした。
次回からこのお話をして行きたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop