オランダ家社長ブログ

楽花生パイのお話②

前回から始めた楽花生パイのお話の続きになりますが、今回から、発売18年後(2003年)に行ったフルリニューアルのお話を始めようと思っています。

その当時、当社のお菓子はお客様がご自身やご家族の方と召し上がるだけではなく、人様に差し上げる商品としても、たくさんご利用いただいておりました。
おかげさまで現在もそのようにご利用いただいております。誠にありがとうございます。

したがって、私達はご愛顧いただいているお客様が、どなたにでも胸を張ってお渡しできる本物のおいしいお菓子作りをしなければいけないと、使命感に燃えて真剣に取り組んでいます(もちろん100点満点ではございませんが)。

中でも、楽花生パイは当社の中では最も多くご利用されていることもあり、もしかしたらお客様が「千葉を代表する味」としてご利用してくださっているのではないかと、勝手に想像してしまうことがあります(自己意識過剰かもしれませんね)。
そう思うと「どんなことがあっても、このお菓子で、お客様には絶対に恥を欠かせないぞ」という意地のような気持ちに燃えてしまうのです。
そんな気持ちに燃えていたこともあり、このリニューアルはとてもやりがいのあるものでした。

前置きが長くなってしまいましたが、そろそろ中身のお話に入って行こうかと思います。

さて、楽花生パイは、大きく分けると、パイ生地と落花生餡の2つの部分からできています。したがって、この2つの素材を、それぞれ当時考えられる最高のおいしさにしてみたかったのです。
まずはパイ生地から行きましょう。
実は当時私は夢を持っていました。「いつか楽花生パイの生地にヨーロッパのバターを使いたい」という夢でした。
パイ生地は、バター、小麦粉、水、そして塩少々からできています。したがって、バターの味がなんと言っても勝負です。

ちょっと脱線しますが、私は若かりしころ、フランスで食べたフランスパンとバターがあまりにもおいしかったので、ずっと忘れることができませんでした。
パンは小麦粉の風味がプーンとして、内側が真っ白でなく少し茶色でやや酸味があり、噛めば噛むほど味わいがある。
「あ~、パンてこんなにおいしいものなんだ」とパンに対する認識が一変してしまいました。
またそのパンに塗って食べたバターは、色が白く、さわやかで、ヨーグルトのようにやや酸味があり、ミルク風味もしっかりとあり、くどくなく、いくら食べても脂っこく感じないのです。
そしてパンとの相性が抜群だったので、もうすっかりとりこになってしまいました。
はっきり言って「日本で食べていたものとは別物」と思ってしまいました。
「フランス人は毎日の食事のベースになるパンとバターを、何気なくこんないおいしいものを毎日食べられるなんてうらやましいなー」と思ってしまいました。

でも考えてみれば、われわれ日本人も何気なく毎日食べているご飯(お米)は、きっと世界で一番おいしいでしょうね。皆さんも海外に行くと感じませんか。

すみません。今回は脱線もあり、長くなりすぎてしまいました。この続きは次回お話します。
楽花生パイ編は少し長くなるかもしれません。


スポンサーサイト

PageTop

楽花生パイのお話①

今回からそろそろ当社のお菓子について、お話して行こうかなと思っています。
開発のエピソードや社内だけにしか公開して来なかった思い出深いお話などもご披露して行きます。

さて、最初のお話は、現在お客様から最も多くお買い上げいただいている“楽花生パイ”にしましょう。
この商品は1985年4月29日にデビューしました。もう32年もご愛顧いただいているのですね。ありがたいことです。
このお菓子が生まれたきっかけは、お客様からのお声でした。
「何か千葉らしいお菓子はないの?」というお声をたくさんいただいたのです。
当時は洋菓子屋としてケーキを中心にチューリップサブレなどの焼き菓子も販売していたのですが、千葉にちなんだお菓子はひとつもありませんでした。

千葉といえば落花生ということで、落花生を使用したものをつくろうということで、このお菓子が生まれました。
落花生を蜜づけにして餡と合わせるというアイデアは当時社長をしていた父の発案でしたが、私には想像もできませんでした。
落花生は炒って香ばしくいただくものとばかり思っていたものですから、とても新鮮に感じたのを覚えています。
こういう食べ方もおいしいものだとつくづく思いました。
またパイはマーガリンでなくバターを折り込んで作るということについては、誰もが当然と考えていたので、いっさい異論は出ませんでした。

発売前には籠に入れてみんなで、店の回りに試食として配って歩きました。
この時期はお菓子を配って歩いても変に思われることもなく、とても喜んでいただけました。良い時代ですね。
おかげさまで前評判もよく、デビューと同時にいきなり当社の一番商品になりました。
それ以来当社のトップ商品として、いまだに不動の地位にいます。

そしてその味は一切変えることなく好評のまま18年間続いていたのですが、2003年7月1日ついにフルリニューアルされました。
一番商品をさらにレベルアップするということで、たいへんなプレッシャーがかかるリニューアルでした。
次回からこのお話をして行きたいと思います。

PageTop

チューリップサブレ50周年

皆さん遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今年は、当社のチューリップサブレが、発売50周年を迎えました。今回はそのことをお話しようと思います。

この商品は、当社が初めて開発したギフト商品です。
50年前の当時、今でも有名ですが、鎌倉の豊島屋さんのハトサブレが大流行していました。
そこで、「千葉にもおいしいサブレがあってもいいじゃないか」ということになり、父と当時の工場長が何度も何度も試行錯誤を繰り返し、バターの配合がとても多いバターリッチなこのサブレが出来上がりました。
形はオランダらしいチューリップにすることにしました。それ以来、50年にわたり、たくさんのお客様にご支持をいただいています。
有名さでは、もちろんハトサブレにとても及びませんが、私はこのサブレがとても好きです。

50周年を記念して、チョコレートやチーズ味の姉妹品の発売が予定されています。
そちらも是非お試しいただきたいですが、個人的にはやはりプレーンタイプが好みかなー。



PageTop

新商品のお知らせ

皆さん、しばらくブログを書くことが出来ず、申し訳ありませんでした。

今回は、超間直ですが、明日(4月22日)発売される“ラ・タルトレット”という新商品についてコマーシャルも兼ねてお話したいと思います。
このお菓子は、以前このブログでフライング予告をしていたパスカルさん開発の商品です。パスカルさんといえば、もうこのブログで、何回も登場しているフランスのMOF(フランス国家最優秀職人章)パテイシエです。

その際は「落花生と柚子を組み合わせたギフトに使えるタイプのタルト」と予告したと思います。
その後、一種類では寂しいということになり、もう一種類兄弟になるタルトをセットで発売しようということになりました。
“タルトレット・ショコラ”です。こちらはアーモンドとフランス産チョコレートの組み合わせです。
チョコレートはヴァローナ社製のカカオ分がたっぷりのものを使用しています。ちなみに、タルトレットというのはタルトの小型番のことです。

実は、この商品はパスカルさんが「千葉のお菓子を作りたい」という提案でスタートしました。そしていろいろ検討した結果“千葉の柚子”をテーマに開発を進めようということになりました。

以前お話したように、柚子はフランスでもたいへん注目されている食材のようです。もちろん消費、生産とも日本が最大であり、日本の伝統ある誇るべき食材です。
このお話をしたところ、パスカルさんも大好きな食材のようで、とても乗り気になってくれました。
おかげさまで柚子の生産者も見つかったのですが、やはり毎年安定した質と量の確保となると、なかなかハードルが高く最終的に難しいということになってしまいました。したがって千葉以外のもの(もちろんおいしい国産柚子)を使用することにしました。

ということで、今回は、「千葉の菓子」というよりも、むしろ「パスカルさんのお菓子」ということになります。結果的にはショコラも加わり、とても魅力的な商品になりました。
ぜひお楽しみください。


PageTop